npalogo.gif

 

          DiSP AE システム簡易カタログ


DISP および PCI-2/8 真のディジタルAE計測システム

 

サンプリング周波数10MHz(各チャンネル)

 

低雑音で16ビットA/D

 

15,000ヒット/秒の信号採取可能

 

波形データとパラメータデータを同時採取・収録

 

32ビットのDSP処理

 

リアルタイムで15の周波数フィルターを採用可能

 本システムは、写真に示すDSPボードをPCに組み込むことにより高性能なAE計測システムを構築します。モジュール間の結線等は全く必要なく、取り扱いが極めて簡単で、チャンネル数の拡張も容易に行えます。PCを用いる場合には単にDSPボードを組み込み、最大4チャンネル (PCI2 ボード2枚の場合) 、8チャンネル (DiSP ボード2枚の場合) あるいは、16CH(PCI8ボード2枚の場合) のシステムを構築できます。さらに専用シャーシを用いれば100チャンネル以上のシステムを容易に得ることができます。

 本システムのソフトウェアは、ウィンドウズ・グラフィックインタフェースを採用し、ユーザーが必要とする情報(パラメータの変化)を任意の解析図として容易に取り出すことができます。また、一般的なAEパラメータや波形の収集解析はもちろん、ポスト処理用ソフトウェアを適用することで逆解析などの定量的波形解析や、収集したAEデータから任意のAEパラメータを抽出することによりパラメータ解析を行うことも可能です。 

 このシステムは、材料評価、構造物等の健全性診断、あるいは製造工程の検査に広く用いられています。

 PAC DiSPに関して、もっと詳しく知りたい方はこちら

DiSP専用シャーシ
PCI-DSP4カードあるいは、PCI-8カードをインストール可能
3種の専用シャーシから選択可能
16,24&56チャンネル用シャーシから、必要チャンネル数に応じて、任意に選択
それぞれのシャーシは、PC,HD,FD,RW-CDなど、計測・解析に必要な装備をすべて内蔵


(C) Copyright 2003, Nippon Physical Acoustics, LTD. All right reserved  

gohome.gif

nextpage.gif