日本フィジカルアコースティクス株式会社

Home AE技術情報> AEによる設備診断
アコースティックエミッション(AE)による設備診断

アコースティックエミッションは、1)亀裂進展 2)摩擦磨耗 3)液体や気体の漏洩 4)腐食 5)放電 などにより放出されます。この現象を応用すると、部材の亀裂、軸受の疲労・潤滑不良、配管の漏洩・腐食、変圧器の部分放電...さまざまな設備の異常を診断することができます。また、アコースティックエミッションは設備の稼動条件にあまり影響を受けません。例えば軸受では、回転数に関係な異常を判断できるので、従来、振動法では診断が困難だった低速軸受も診断することができます。
アコースティックエミッション(AE)による設備診断事例
アコースティックエミッションを応用した設備診断例を下記に示します。ここに示した診断事例はほんの一部に過ぎません。

ご希望の事例がありましたらご連絡下さい。
診断対象
診断内容
増速機、減速機 増速機、減速機の軸受および歯車のはく離、潤滑不良を診断。軸の亀裂の進行も検出可能
各種ポンプ 軸受のはく離、潤滑不良およびシールの劣化を評価
各種モーター はく離、電食の評価。放電の評価も可能
圧延機 すべり軸受あるいは転がり軸受のはく離、潤滑不良を診断
発電用タービン 軸受のはく離、潤滑不良を診断。タービンブレードのコーティングの亀裂も評価可能
変圧器 部分放電の発生を評価
圧縮機 軸受および歯車のはく離、潤滑不良を診断
エスカレータ 軸受、歯車のはく離、潤滑状態および各駆動部品の動作異常、亀裂、潤滑状態を診断
エレベータ 軸受、歯車のはく離、潤滑状態および各駆動部品の動作異常、亀裂、潤滑状態を診断
電動弁 ステムナットの摩耗量を評価
ライン装置 軸受、歯車の異常およびスライド機構の潤滑不良、焼き付きの評価
エンジン 軸受、歯車、カムの損傷およびピストンリングの亀裂、摩耗の評価
トランスミッション 軸受および歯車のはく離、潤滑不良を診断
プレス機 クランク機構等の機構部およびフレームの亀裂進展を評価
圧力容器 稼働中に亀裂進展を評価。水圧等により内圧を付加し発生するAEから亀裂存在を評価
タンク タンク底板の腐食を評価。開放の必要性を評価可能
リアクタ 稼働中に亀裂進展を評価。水圧等により内圧を付加し発生するAEから亀裂存在を評価
各種釜 稼働中に亀裂進展を評価。水圧等により内圧を付加し発生するAEから亀裂存在を評価
ジャケット 稼働中に亀裂進展を評価。水圧等により内圧を付加し発生するAEから亀裂存在を評価
2重配管 内管の溶接部の亀裂の有無を評価。位置標定により亀裂位置を評価
配管(パイプ) 稼働中に配管の腐食進行を評価。また漏洩の有無を評価
各種弁 漏洩の有無を評価
稼働中に亀裂進展を評価。水圧等により内圧を付加し発生するAEから亀裂存在を評価
橋梁 橋梁の溶接部、部材の亀裂進展の評価。亀裂存在の評価も可能
トンネル コンクリートのはく離、亀裂進行を評価。コア―を採取することで荷重履歴を推定可能
PCグラウト AE波の伝搬状況からグラウト充てん量を評価
床版 床版の亀裂、はく離などの異常部を評価
斜面 崩壊を予知
地下杭 杭の亀裂の有無をフーチング上から評価

(C) Copyright 2014, Nippon Physical Acoustics, LTD., A Member of MISTRAS Group, Inc. All right reserved