日本フィジカルアコースティクス株式会社

Home AE技術情報> AEによる製品検査
アコースティックエミッション(AE)による製品検査

アコースティックエミッションによる製品検査の方法には大きく2つの方法があります。ひとつは、製品の加工時に生じる亀裂や摩擦・磨耗を検出する方法で、AEの基本的な使用方法となります。もうひとつは、加工の完了した製品に対して荷重を負荷することにより、製品に生じた亀裂の破面が衝突したりこすれ合うことによりAEが発生し、このAEの特徴(発生数や振幅など)から亀裂の有無を評価する方法です。この場合には、負荷する荷重は設計荷重の5%~10%が適当です。アコーステックエミッションによる製品検査は、1) 加工と同時に異常の発生を検知可能。2) 基本的に検査方法は、AEセンサを取り付けるだけで検査できるので生産ラインの大きな改造は不要。3) 可聴域の騒音には影響を受けないので、防音室は不要。等、他の検査方法と比較して優位な点が多数あります。
● アコースティックエミッション(AE)による製品検査例
アコースティックエミッション(AE)による製品検査例を下記に示します。ここで紹介した製品検査例のほんの一例にすぎません。

御希望の検査事例がありましたら御連絡下さい。
● 金型AE検査装置 ● 遠心分離完了評価 ● 鍛造割れ検査
● 研削焼け検査装置 ● ICボンディング不良検査 ● 混合完了評価装置
● 射出成型割れ検査装置 ● マグネット亀裂検査 ● クランクシャフト亀裂評価
● ダイス傷検査装置 ● 工具接触検知 ● タップ折れ検出
● レーザー溶け込み量検査 ● 圧入時割れ検査< ● ドリル摩耗欠損検出
● ソーラーパネル欠陥検査 ● セラミック欠陥検査 ● CFRP欠陥検査
● 鍛造歪取り時亀裂検査 ● 歯車かみ合わせ検査 ● 抵抗溶接欠陥検査

(C) Copyright 2014, Nippon Physical Acoustics, LTD., A Member of MISTRAS Group, Inc. All right reserved