日本フィジカルアコースティクス株式会社

HomeAE検査・計測サービスAEによる設備診断
アコースティックエミッション(AE)による設備診断
御希望の対象設備のアコースティックエミッションを計測し、報告書を作成致します。また、亀裂、摩耗、腐食、漏洩、放電、キャビテーションなどの設備の健全性を評価する診断サービスも提供しています。対象設備も軸受、減速機、シール等の回転体や配管、タンク、圧力容器等さまざまな設備の診断が可能です。下記にサービスの一例を示しますが、これら以外にもさまざまな計測、診断に対応致します。
減速機(各種駆動装置、トランスミッション)
減速機を構成する軸受のはく離、潤滑不良の評価や歯車(ギヤー)の摩耗潤滑不良、入出力軸の亀裂進展の評価などをAEの位置標定技術を使用して判断する。
<歯車詳細情報> <軸受詳細情報>
タービン
タービンのブレードに異物が衝突して表面コーティングが損傷するとAEが発生する。また、ラビングが発生するとAEが発生する。発生したAEの特徴からブレードの損傷とラビングを評価する。
ポンプ
種々のポンプの軸受のはく離、潤滑不良およびシール劣化を評価する。軸受から発生するAEには、特性周期と呼呼ぶ周期性がある。周期性よりノイズを弁別し軸受の異常を評価する。<詳細情報>
モーター
軸受のはく離、潤滑不良および電食を評価する。軸受から発生するAEには、特性周期と呼ばれる周期性がある。周期性によりノイズを弁別して、軸受の異常を評価する。
変圧器
変圧器の部分放電の発生を評価する。部分放電により発生するAEは、低周波数から1MHzを超える高周波数までの周波数成分を持つ。また放電量とAEのエネルギーに相関がある。
<PowerPACTM(英文)> <詳細情報>
電動弁
電動弁のステムナットに摩耗が進行するとAEが発生し、摩耗量と発生したAEのエネルギーに相関がある。逆に、発生したエネルギー量からステムナットの摩耗量を評価できる。
エスカレーター、エレベーター
エスカレーター、エレベーターの軸受、歯車、スライド機構、ブレーキなどの駆動部の異常評価やロープの素線切れ(エレベーター)などを評価する。
<ES詳細情報>
 <EL詳細情報>
ジャケット
ジャケットの溶接部に亀裂が進行するとAEが発生する。また、亀裂が存在すると亀裂の破面の摩擦等によりAEが発生する。AE発生の集中部とAEの特徴から健全性を評価する。
プレス機
プレス機のアームなどの構造部品の亀裂進展や、スライド部、軸受、歯車などの潤滑状態や異常進行を評価する。金型の異常も判断できる(別ページ製品検査を参照
弁に漏洩があるとAEが発生する。発生したAEの特徴から弁の漏洩の有無を判断できる。さらに、配管上に2ヶ所AEセンサを取り付けると漏洩の発生している弁を特定できる。
<VPACTM >
 <詳細情報>
圧力容器(球形タンク、リアクタ、釜等)
圧力容器に亀裂が存在する場合、圧力容器に気体や水圧で応力を加えると亀裂の破面の摩擦等によりAEが発生する。AEの発生の集中部とAEの特徴から健全性を評価する。
<詳細情報>
タンク
タンクの底板に腐食が進行するとAEが発生する。発生したAEの特徴量と底板の健全性の関係はデータベースが確立されており、開放点検の必要性を判断することができる。
<詳細情報>
配管
配管に腐食が発生するとAEが発生する。また漏洩(リーク)が発生するとAEが発生する。配管の離れた2ヶ所にAEセンサを設置しAE発生の集中部を評価して腐食や漏洩を評価する。
<詳細情報>
2重配管
2重配管の内管にSCCなどによって亀裂が発生するとAEが発生し、外管との溶接部を伝搬して外管に到達する。このAEを検出することにより、内管の亀裂進展を評価する。
炉に亀裂が存在する場合、炉に気体や水圧で応力を加えると亀裂の破面の摩擦等によりAEが発生する。AEの発生の集中部とAEの特徴から健全性を評価する。 <詳細情報>
風力発電設備診断
落雷による損傷評価、軸受や歯車の健全性評価等、風力発電設備を総合的に診断可能 <詳細情報>

(C) Copyright 2014, Nippon Physical Acoustics, LTD., All right reserved